今再び、峡北から福島へ ~ボランティア・現地学習

on

今再び、峡北から福島へ ~ボランティア・現地学習~

2011年(平成23年)3月11日(金)14時46分東日本大震災発生、翌日の福島第一原子力発電所の水素爆発からあと数カ月で7年が経ちます。様々な困難を乗り越え、他の被災地では一歩一歩復興への道が見えはじめている中、福島では放射能により未だ入れない地域や沿岸地域は荒れ果てたままの姿が存在しています。
先の見えない原子炉の廃炉、溜まり続ける汚染水、行き場のない除染ごみ、帰りたくとも帰れない現実。
この日本に同じ時代に生まれ、この日本にこのような状態が実際に起きていることをその場所に立ってこそわかることがあるのではないでしょうか。現地の方々のご協力を得てお話を聞くまたとないこの機会に是非ご参加お願いします。

【催行日時】2018年2月17日(土)~18日(日)1泊2日
【募集人数】30名
【参加費用】1名 30,000 円(往復バス代・宿泊費・現地ガイド・資料代)
【募集締切】2018年1月31日(水) 定員になり次第締め切ります
【主な行程】
2/17(土)
北杜(3:30)=韮崎(4:00)=中央道/首都高=東京駅(7:00)=首都高/常磐道=広野IC=国道6号=第二・第一原子力発電所付近通過=浪江まち・なみ・まるしぇ(12:30-13:00)=現地学習(希望の牧場・除染ごみ置き場・メガソーラー)=宿泊場所(16:30)=現地交流会(18:00~20:00)=宿泊場所(20:10)
2/18(日)
宿泊場所(8:00)=南相馬ボランティアセンター(8:30~13:00)=温泉施設(14:00~15:30)=南相馬IC=常磐道/圏央道/中央道=韮崎(22:00)=北杜(22:30)
【注意事項】
※食事代はすべて含まれておりません。
(17日朝食、昼食、夕食、18日朝食、昼食、夕食等各自)
※18日の温泉施設の利用料金は各自負担となります。
※参加費は大人も小人も同一料金となります。
※18日、ボランティア活動のためボランティア保険加入が必須です。ご自身で加入できない場合
 はお申込時にご依頼ください。(代行・保険費用¥1,000)
※正式のお申込みは参加費のお振込みもって完了します。
【 振込先 】
(お振込み手数料はご負担お願いします)
振込先 ゆうちょ銀行【店名】〇八八 【店番】088 
普通預金【口座番号】1673442【名義】陽なた【読み】ヒナタ
  郵便貯金からは 【記号】10840【番号】16734421

主催:基礎から学ぶ自然エネルギー Commom room 陽なた
共催:一般社団法人REviveJapan
   ほくとトラベル山梨県知事登録旅行業第2-256号

お申込みはこちらから

チラシのダウンロード